勃起とは?

青と白のカプセル

ばいあぐら効果は勃起すること。という話は誰しもが知っている事かと思います。
しかし、実際には飲んだことで勃起するようになるというわけではありません。勘違いしている人も多いのですが、そもそもばいあぐらはED治療薬として利用されるもの。効果的に勃起するには性的刺激が必要になるのです。
飲めば勝手に勃起状態になるというわけではないのです。では、ばいあぐらを服用することによって勃起へ至るプロセスとは何でしょうか?

性的刺激で興奮することで、陰茎海綿体にある神経と、海綿体内皮細胞という部分でL-アルギニンから一酸化窒素が出てきます。この一酸化窒素が海綿体の細胞に入り込むことによって、グアニル酸シクラーゼという酵素が活性化されます。
そこからサイクリックGMPというものが作られていくことで、細胞内にあるカルシウムレベルが減少していき、海綿体平滑筋が緩んでいきます。
そうなることで動脈血が海綿体へ流れ込むようになり、流れ出していく血液が減少して海綿体内圧が上昇して、膨らみます。これが勃起状態というわけなのです。

余談ですが、実はこのばいあぐらとは世界で初めて開発されたED治療薬ともいわれています。とはいえ、じつはこのお薬はもともとED治療目的で開発されたものではないのです。
他の病気のために開発されていたのですが、その過程で勃起を促進する効果が見つかったために、その方向性を変えてED治療薬として現在に至るようになったのです。
そういった歴史もあるのですね。